スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バハムート主力戦車

バハムート主力戦車(ウォーバイソンMk3[ポポのLEGOブログ])


全長 約25ポッチ(砲身は含まず)
全幅 約12ポッチ(サイドスカートは含まず)
全高 約8ブロック(アンテナなどは含まず))
重量 57t
最高速度 70㌔(整地)
主兵装 120mm滑腔砲 12.7mm重機関銃
乗員 3名
設計元 BLC SYSTEMS社、ブロックモーター社
制作会社 タカヤマ重工業、ムツビシ自動車工業

ウォーバイソン主力戦車(Mk3)1
 
 陸軍ではかなり高額であるファラーシャ(改)主力重戦車の代わりに幅広く配備できるよう、なるべくローコストかつ高性能な戦車が要求された。新規設計では設計代が高額になるので他国からライセンスを要求し、自国で生産することになった。そこで白羽の矢が立ったのがこのウォーバイソンMk3である。
 ウォーバイソンMk3は軍部が要求する条件のほとんどを満たしており、すぐにライセンスを受け取ることが決まった。審査委員の陸軍高官ソウコウ・アツーク氏による厳しい防御力チェックも済み、晴れて国内の主力戦車の座についたのである。
ウォーバイソン主力戦車(Mk3)2 ウォーバイソン主力戦車(Mk3)3

しかしニカラリカではそれでも高額でそのまま配備するには数が足りなくなるので、ローコスト版バハムートを開発した。ローコスト版なので防御力が低く、RWSが装備されていないが十分な性能を持っている。
ウォーバイソン改修型1

ウォーバイソン改修型2 ウォーバイソン改修型3


 比較
ウォーバイソン改修型4

 余談ではあるが、正規版バハムート乗りはローコスト版バハムート乗りに理不尽な恨みを受け、そのストレスのせいでこれまでに20人ほどの戦車兵が急性ストレス障害(きゅうせいストレスしょうがい、Acute Stress Disorder、ASD)となってしまうため、正規版バハムート登場志願者が減ってしまっている。そのことを重く見た政府はローコスト版バハムートを再改修することによって正規版バハムートに戻し、戦車兵全員を正規版に乗せる計画を構想中という噂が流れている。


ライセンスを許可してくださったポポさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリヤ@TAlSR

Author:イリヤ@TAlSR
トヴェルシア・アルヴェルシア社会主義共和国代表の主権者です。
映画などが好き。
古臭くてごちゃごちゃしてるブログですがどうぞよろしゅう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。