スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パピヨン装輪戦車

 パピヨン装輪戦車


全長23ポッチ
全高8ブロック
全幅10ポッチ
重量33t
最高時速71㌔
制作会社 タカヤマ重工業
DSC_0063.jpg
 パピヨン装輪戦車は、市街戦を想定した六輪式の戦車である。特徴はその安さと頑丈さである。参謀本部からの小型で高性能な安い戦車を作れという無茶な命令により、自動装填装置や爆発反応装甲、さらには駆動方式はエンジン式ではなく電気式を採用した。それでいて価格は従来のものと比べて四分の三となっている。         
しかしその安さの裏にはカラーリングがされていないということや乗員が二名であること、砲塔部分に隙間が空いているため冬にはなかに雪が入ってしまうこと、キャタピラでないため不適正地は走行できないことなどがあげられる
 主な装備は120mm滑空砲31式重機関銃、スモークディスチャージャーなど、装甲は爆発反応装甲となっていてAPFSDS弾にも耐えられる装甲となっている。そのため駆動系や装填装置などの複雑化によって現場での整備は長丁場となり整備兵に嫌がられてはいるが、故障が少ないことや性能の良さから現場の兵士から重宝されている。サイドスカートを採用したことによって、比較的弱い部分を持つ車体を歩兵のシュツルムパンツァーによって破壊されることもなくなった。このような安さと性能の良さから初期生産台数は7200台となった。
 なぜ名前がタイタン(巨人)かというと、タカヤマ重工業はもともと巨大戦車を作るつもりでいたためにそのような名前になったといわれている。さらにその後パピヨンと改名させられるがその理由は、ブリック共和国製のtitanとかぶっていたからである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリヤ@TAlSR

Author:イリヤ@TAlSR
トヴェルシア・アルヴェルシア社会主義共和国代表の主権者です。
映画などが好き。
古臭くてごちゃごちゃしてるブログですがどうぞよろしゅう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。