スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヴェルシア共和国の空挺旅団

JagdHirsch3.jpg


我が国における標準的な空挺旅団の編成。
師団編成だった頃よりも大分軽量化されたが、旅団としては比較的大規模な人員数となってはいる。
ただ兵站については、「親衛」のつく、いわゆる中央軍所属部隊を除くと、中央集権化を図るために各管区軍の兵站部門から配分された補給を受ける形になっているため、即応性や派遣能力には乏しく、あくまで正面戦力としてしか動けないようになっている。
逆に言うと中央軍所属部隊は旅団単位で独立した兵站維持システムを有しているため、即応性が高く海外展開なども行いやすい。

旅団編成(4500名(将校400名 下士官・兵4100名)

→旅団司令部*
 3個空挺大隊
 1個砲兵大隊
 1個高射ミサイル中隊
 1個工兵中隊
 1個偵察中隊
 1個対戦車中隊
 1個整備中隊
 1個通信中隊
 1個衛生中隊
 1個支援小隊

*旅団司令部内容
旅団司令官
→政治幕僚
 兵站幕僚
 →兵站副指令官
  装備副司令官
 幕僚長(旅団副司令官)
 →各課長等旅団幕僚
  諸兵科長等特別幕僚
(以下三部門は旅団司令官の指揮下に無い部門
 旅団付国務保安局員
 旅団付軍検察
 旅団付軍法廷

参照人員数

分隊 8名
小隊 32名(3個分隊+小隊本部)
中隊 150名(4個小隊+中隊本部)
大隊 700名(4個中隊+大隊本部)

中央軍について

中央軍属の親衛旅団の場合は戦闘部と後方部で分割されて、旅団司令部には航空部隊との折衝を兼ねるセクションが追加され、また後方部に4個大隊規模の兵站部隊が附属するため、そちらは約8000人規模になる。そのため親衛旅団とは言っても兵員数のみを見るとほとんど一個師団に相当する。

装備

空挺戦闘車 30両
空挺自走砲 6両
空挺兵員輸送車 56両
AAGun付空挺兵員輸送車 19両
装甲偵察車 12両
オートバイ 32両
多連装ロケット砲 6門
122㎜榴弾砲 12門
対戦車ミサイル 18基
120㎜自動迫撃砲 6門
81㎜迫撃砲 12門
60mm迫撃砲 48門
30㎜自動擲弾銃 12基
携帯地対空ミサイル 72基
対空機関砲 12門
レーダー 1基
小型トラック 50両
中型トラック 250両
大型トラック 400両
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリヤ@TAlSR

Author:イリヤ@TAlSR
トヴェルシア・アルヴェルシア社会主義共和国代表の主権者です。
映画などが好き。
古臭くてごちゃごちゃしてるブログですがどうぞよろしゅう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。