スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T-14A1 ヤークトヴォルフ主力戦車

T-14A1 ヤークトヴォルフ主力戦車


JWTmk2 1


 T-14A1ヤークトヴォルフはカトラス共和国の開発した主力戦車(MainBattleTank)である。
現在、T-14シリーズの最新版。T-14A1から車長用サイトや砲手用サイト、それに伴うコントロール系の変更、車体正面の防御力向上などが図られ、一新されている。市街地戦闘を重視していることから防御システムにAPSを組み込む試みやサイドスカートの増強、乗員保護のためのターレット設置などの強化が施されており、結果として60tを大きく上回る重量となっている。
また車体には地雷処理機器を取り付けられるようにチェーンの巻取り機などが標準装備されているため、工兵戦車や地雷処理車両の不足からか戦車にも地雷除去をさせることを念頭に置いていることが窺える。

主要諸元


全長 約26ポッチ
全幅 約14ポッチ
全高 約8ブロック
重量 約63.1t(地雷処理型は不明)
最高速度 64km/h
走行可能距離 398km
主武装 R241 55口径120mm滑空砲
副武装 RM7 12.7mmRWS(車長ハッチ上)
      R14 自動擲弾銃(主砲上)
      R88 7.62mm機関銃(砲手ハッチ上)
装甲 複合装甲及び増加装甲
エンジン ガスタービンエンジン
乗員 3名(操縦手1名+車長1名+砲手1名)
生産会社 ムツビシ自動車工業

概要


 カトラス統合陸軍の第一線の戦力として国内反政府組織の鎮圧に駆り出されてきたT-14であるが、卑劣な反政府組織が仕掛けたIEDや市街地におけるゲリラ戦闘では多大な犠牲を出してしまい、歩兵の支援として出ていたはずが何時の間にか歩兵に守ってもらってしまうという状況が何度も起きていた。これによりゲリラ戦闘に長けた卑怯な反政府組織による攻撃の前に成す術なく倒れていく将兵が続出していた。
また反政府組織の自称首都の周辺は広大な地雷原となっており、ここを攻略する為には戦車部隊の地雷原突破能力がどうしても必要となっており、T-14ではその作戦の遂行能力に不足が感じられていた。

 そこで地雷除去能力と市街地戦闘能力を向上させた、このA1型のヤークトヴォルフが開発されたのだった。
まずは正面戦闘を想定して開発装備されていた車長用サイト及び砲手用サイトを一新し、それに伴い社内のコントロール系統やFCSが更新、よりデジタル化及び簡略化された砲塔内部となった。歩兵との連携をとるためのC4I能力も完備されており、より市街戦での戦闘能力を向上させている。
 本体の防御能力ではサイドスカートもさらに強化され、増加装甲を追加し前方には爆発反応装甲の埋め込まれたタイルが貼り付けられている。これにより戦車の弱点の一つである車体の横腹を対戦車擲弾から守ることに成功している。
また砲塔のハッチには乗員を保護するための防盾や機銃などが取り付けられているため、ハッチから身を出した乗員が狙撃され射殺されることを防ぐことが出来るようになった。
更には対戦車ミサイル迎撃用のハードキル式APSが装備され車体横や後部へのミサイル、ロケット攻撃からの防御が容易になっている。ただこれは散弾でミサイル等を破壊する方式であることから、市街で用いた場合は住民や味方歩兵に被害が及ぶ事件が多発しているため、市街地戦闘を担当する部隊の大半はAPSを取り外しラジエーターグリルへの攻撃対策に金網などを張り付けることが隊の義務になっているという。
また主砲上にオートマチックの擲弾銃や機銃を取り付けられるようになっており、主砲や同軸機銃と合わせて強力な攻撃システムになったという。
最新のモデルでは車体正面にゴム板を取り付けられており、対戦車擲弾に対しての防御力が向上されているという。
これらの様々な更新により防御力は格段に上がっており、純粋な防御力ではULN随一と言えるだろう。

 本車両の最大の特徴である地雷除去システムは、基本的にチェーン巻取り及びアーム引き上げ機が装備され、選択した地雷除去装置を取り付けるようになっており、任務に合わせた地雷処理システムを装備することが可能となっている。そのためマインブラウと地雷爆破ローラーの両方とその装着設備が全車両に配備されており、兵器庫を圧迫しているとかなんだとか。また選択式になったはいいものの、それを装着させるのは基本的に戦車兵であるため戦車兵の負担が極端に増加しているという話もある。(取り敢えず増給はされているようだが)
更新されている全車両にそれらを配備させたために国家予算が傾きかけているとも言われている。
因みに反政府組織の活動地域はコンクリート舗装のされていない不整地が多いため、地雷処理ローラーやマインブラウを用いてもあまり大差はないのであしからず。(現地住民と補給、パトロール部隊からは甚だ不評ではあるが)

 なにはともあれ、そんな苦労もあってか反政府組織の自称首都攻略戦では、戦車部隊が地雷原突破をするという活躍があり、難攻不落と謳われた自称首都を攻め落とすことに成功、特殊部隊による反政府組織首脳陣の逮捕もあり無事終戦へと漕ぎ着けることに成功したのだった。

下は地雷処理装備装着型の画像。悪役っぽいと海外ではそれなりに人気である。
JWTmk2 2  JWTmk2 3

下は最新型の画像で地雷処理作業が完了しているため地雷処理装備を付けた型を見かけることは殆ど無くなった。
IMG_20150305_002509.jpg  IMG_20150305_002544.jpg  IMG_20150305_002634.jpg  IMG_20150305_002649.jpg

輸送するときなどは砲塔の重心の関係から砲身を後ろに向ける戦車が多い。この戦車もそのうちの一つである。
IMG_20150305_002733.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イリヤ@TAlSR

Author:イリヤ@TAlSR
トヴェルシア・アルヴェルシア社会主義共和国代表の主権者です。
映画などが好き。
古臭くてごちゃごちゃしてるブログですがどうぞよろしゅう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。