スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい軍旗ができましたとです

続きを読む

スポンサーサイト

パーピリオーⅡ高機動車

パーピリオーⅡ高機動車


全長20ポッチ
全高6ブロック
全幅10ポッチ
最高時速120㌔
重量7,9t
制作会社ムツビシ自動車工業、タカヤマ重工業

輸出用高機動車1

 この車両はパーピリオー高機動車の後継機として開発がすすめられていたものである。前のパーピリオー高機動車ではコストが高いうえに速度が出ない、通信が不安定だなどと様々な問題があったため、低コストかつ通信設備は最新のものを搭載した車両が求められたのである。そのためタカヤマ重工業の開発したデータベースリンクシステムという最新の通信装備を搭載することに成功し、同時に徹底的なコストダウンにより生産しやすく、高機動な車両として完成した。高性能な車両が完成して現場の兵士は喜んでいるが、デザインがダサいなどといった問題が浮上しているという。
 ちなみにタカヤマ重工業とはライバル関係にあったが軍による『統合整備計画』によってメーカーごとに異なる部材や部品、装備、ハンドルの操縦系の規格・生産ラインを統一することにより、生産性や整備性の向上、機種転換訓練時間の短縮をはかられた。そのおかげで他社の優れた技術を取り入れることでより高性能化され、生産ラインの統一によるコストの低下などをすることができた。しかしこの計画は会社株主や重役から強い反対を受けていて、実行するのはかなり難しいとされていたが、反対者に某国健康ランド行きのチケットが渡され始めると次第に反対する人の数が減少していったといわれている。

 また、コストを少し上げることで性能がかなり上がるBタイプも開発された。

輸出用高機動車2

図のようにライトや対弾防御の性能などが向上している。
プロフィール

イリヤ@TAlSR

Author:イリヤ@TAlSR
トヴェルシア・アルヴェルシア社会主義共和国代表の主権者です。
映画などが好き。
古臭くてごちゃごちゃしてるブログですがどうぞよろしゅう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。