剣に酔いし海賊

 この国はもともとカトラス王国という国家によって統治されており、それなりに繁栄していた。3方向を巨大な山脈により囲まれており、多国との国交もほとんどなかったが、近年内戦の終結と同時にレゴ国際連合に加盟し多国との国交が盛んになりそれに伴い生活水準もどんどん高くなっていったのであった。しかし内戦の爪痕は大きく残り、現在も政府側(カトラス主義派)とソード主義派の争いが続いているのであった。
 争いの発端は約800年も前のことである。今思うとなぜこんなくだらないことで内戦が起きたのだろうと国民のほとんどが思うほどひどいものであった。
 ある年、国王が装備の近代化を図る会議中に事件は起きた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
技術長官「新しい装備で2種類の案があるのですが、どちらを採用しましょう?」

カトラス
湾曲した刃を持つ剣である。舶刀。刃が湾曲している側が鋭利になっている。 湾曲しているのは、切ることを重視したためである。刀身が短く、船など狭い場所での使用に向く。船乗りが好んで使ったが、その他にも歩兵などもよく使用した。

ロングソード
ロングソードは作られた年代によって形状の特徴が異なり、それによって大きく2つのグループに分類される。全長は初期のものが80cmから90cm、後期のものが80cmから1mで、どちらも真っ直ぐな両刃の刃を備える。1050年から1350年代までの初期のロングソードは、幅広(3cmから5cm)で肉厚の刃を持っており、軽量化のために剣身の腹部分に幅の広い樋が彫られている。後期のロングソードに比べて刃が幅広、肉厚なのは、当時鋼の製法が確立しておらず、刀身部分を太く厚くすることで強度を保っていたためである。刀身部分の強化には焼入れ法という技術を用いたが、この方法では刃の表面しか硬化させることができなかったため、長く使用すると硬化した皮膜がはがれて強度が落ち、軟らかい芯部分のせいで刃が(折れるのではなく)曲がってしまうという欠点があった。

将軍「間違いなくロングソードですね。カトラスとか狭いところでの戦闘を想定しているのになんで候補に選んだんだか。ですよね陛下?」
国王「は?間違いなくカトラスだろ。こんな大量消費必至な武器を作れるわけがないだろう。将軍、頭を冷やして出直してこい。」
将軍「何言ってるんですか!リーチが短くて打撃力が劣るカトラスなんてゴミですよ!!」
国王「ああん!?てめえ誰に向かってそんな口きいてやがる!さっき言ったことが聞こえなかったのか!?最終コストはロングソードのほうが高いって言ってんだろが!!」
将軍「人が下手に出てやってるってのにバカにしやがって!!もういい!!こうなれば反乱を起こしてやる!!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうして内戦がはじまり現在まで続いてしまったとさ。
スポンサーサイト

バハムート主力戦車

バハムート主力戦車(ウォーバイソンMk3[ポポのLEGOブログ])


全長 約25ポッチ(砲身は含まず)
全幅 約12ポッチ(サイドスカートは含まず)
全高 約8ブロック(アンテナなどは含まず))
重量 57t
最高速度 70㌔(整地)
主兵装 120mm滑腔砲 12.7mm重機関銃
乗員 3名
設計元 BLC SYSTEMS社、ブロックモーター社
制作会社 タカヤマ重工業、ムツビシ自動車工業

ウォーバイソン主力戦車(Mk3)1
 
 陸軍ではかなり高額であるファラーシャ(改)主力重戦車の代わりに幅広く配備できるよう、なるべくローコストかつ高性能な戦車が要求された。新規設計では設計代が高額になるので他国からライセンスを要求し、自国で生産することになった。そこで白羽の矢が立ったのがこのウォーバイソンMk3である。
 ウォーバイソンMk3は軍部が要求する条件のほとんどを満たしており、すぐにライセンスを受け取ることが決まった。審査委員の陸軍高官ソウコウ・アツーク氏による厳しい防御力チェックも済み、晴れて国内の主力戦車の座についたのである。
ウォーバイソン主力戦車(Mk3)2 ウォーバイソン主力戦車(Mk3)3

しかしニカラリカではそれでも高額でそのまま配備するには数が足りなくなるので、ローコスト版バハムートを開発した。ローコスト版なので防御力が低く、RWSが装備されていないが十分な性能を持っている。
ウォーバイソン改修型1

ウォーバイソン改修型2 ウォーバイソン改修型3


 比較
ウォーバイソン改修型4

 余談ではあるが、正規版バハムート乗りはローコスト版バハムート乗りに理不尽な恨みを受け、そのストレスのせいでこれまでに20人ほどの戦車兵が急性ストレス障害(きゅうせいストレスしょうがい、Acute Stress Disorder、ASD)となってしまうため、正規版バハムート登場志願者が減ってしまっている。そのことを重く見た政府はローコスト版バハムートを再改修することによって正規版バハムートに戻し、戦車兵全員を正規版に乗せる計画を構想中という噂が流れている。


ライセンスを許可してくださったポポさん、ありがとうございました!

カトラス民主主義連邦共和国

カトラス民主主義連邦共和国について紹介します。

国土『改』

国土2

首都
 ネブラッスカ州

大統領
 グンタ・ジャクソン

軍事
 軍の内訳は陸軍、空軍、海軍、宇宙軍、警備軍などがおり、警備軍は他国でいう警察の役割をする。陸軍の中にはSOCという特殊部隊がいて、様々な特務で活躍している。資源不足によって、量産ができる高性能なものがあまりなく、資源節約のために車両などの塗装が施されていない部分がある。LDD技術革命が起こっているのはニカラリカのみなので、本国軍のほうが少ないという謎の現象が起きている。そのため『ブルーロック』というPMCに協力を要請することがある。『ブルーロック』はアオイワ州に本社を置いてある。

地理 

 わが国の地形は比較的平坦であるという認識が一般的である。これは幾つかの地域では真実だが、ある程度地勢的に変化はある。特に中西部の東側はアパラッチ山脈の麓の丘陵に近く、サッサ-湖盆地やミネスタ州、アオイワ州の北部は、高度の地形学的変化を示している。湿気の多い東部は丈の高い草原、中央のグレートプレーンズでは丈の中間の草原、ロッキード山脈の「雨の陰」になる西部は丈の低い草原である。この2種類のプレーリーはそれぞれ、肥沃なプレーリー土を活かし、トウモロコシ・大豆地帯、小麦ベルト、および放牧地となっている。この地域の硬度の高い樹木の森は伐採され1800年代遅くに消滅した。中西部の大多数の地域は都市化された地域あるいは田園的農業地帯に分類できる。ミネスタ州のポーキュパエン山脈は大部分未開の領域である。

中西部の西側の州で構成される小麦ベルトの住人は、一般に中西部の一部と考えているが、放牧地の住人はそうではない。もちろん正確な境界があるわけではなく、また移り変わっている。


気候
  高緯度かつ内陸にある中西部の気候は概して冷涼であり、気温の年較差が大きい。過去には最高気温49℃、最低気温-50℃を観測したことがある。ほとんどの地域ではケッペンの気候区分では冷帯湿潤気候に属する。3文字の記号で分類した場合、五大湖の南岸では概ねDfa、サッサ-[USLC]との国境に近いミネスタ州やノウスダコスタ州はDfbに属する。またサッサ-を別名Windy City(風の街)と呼ぶことからも判るように、サッサ-湖周辺は風が強く、特にサッサ-からの北西寄りの風の風下に当たる南東岸では冬になるとブリザードが吹き荒れる。
 グレートプレーンズにかかるノウスダコスタ、サウスダコスタ、ネブラッスカ各州の西部では降水量が少なく、乾燥帯のステップ気候(BS)に属する。こうした気候に属するネブラスッカ州のグレートプレーンズ以西では、オラガラ帯水層などの地下水層から汲み上げた地下水を利用し、大規模な灌漑農業が行われている。これらの地域では、竜巻が発生しやすい。集中豪雨が続くときがあり、1993年にアメスタ中西部大洪水、2008年にも大規模な洪水が発生している。


観光
 この国には観光名所が多く存在する。
サウスダコスタ州には、歴代大統領の顔岩があるラッシュモア山、モンスタナ州には、グレイシアン国立公園、イエローストーム国立公園、リトルビッグボーン古戦場などがある。

経済
経済の発達している場所は限られているが、ネブラッスカ州には世界第二位の富豪、オーエン・バスケット氏がceoをつとめるバーシャン・ハサウェー社がある。
また主な企業は 
・タカヤマ重工業
・ムツビシ自動車工業
・ヤシマカンパニー 
・バーシャン・ハサウェー社
・キュウリフーズ
・ゴップ製菓  など
 タカヤマ重工業は通常、重機や土木関係の機械を生産しているが、陸軍から軍事関連の依頼を受ける事が多いことで知られている。性能は割と良い方。最近はファラーシャの改造に力を入れており、来年までに高性能サスペンションを導入すると豪語していた。しかし、ファラーシャにサスペンションを導入するよりも先にファラーシャⅡが完成したことによって、そん計画はとん挫してしまった。
 ムツビシ自動車工業は名前の通り自動車の生産が主であり、国内シェアナンバーワンの企業である。性能は抜群で、最近では陸軍からの軍用車の依頼が増えている。国内の大企業では比較的まともな企業なので、就職したい企業ナンバー1の称号を得ている。
 ヤシマカンパニーは航空機を生産しており、空軍に賄賂を贈り、空軍大臣からの要請により、軍用機の開発に携わるようになった。その実性能は最悪で、他国から輸入した戦闘機の技術を盗みまくっており、社長のテーラー・リチャード氏は「何のことかさっぱりですな。技術はわが社独自のもので、それを他国の会社が盗んだだけでしょう」と発言しており、他国からは悪質な企業としてあまりにも有名である。
 バーシャン・ハサウェー社は『スプーンから軍艦まで作れる企業』として有名であり、実際に日用雑貨、艦船、など幅広い分野で国内シェアナンバーワンを誇っている。性能はまあまあだが、宣伝戦略によって依頼が後を絶たないほど反響している。
 キュウリフーズは胡瓜の生産だけをしており、キュウリマニアの大統領や国民から絶大な支持を誇っているが、生産しているのは胡瓜だけである。(大事なことなので二度言う)
 ゴップ製菓は主に『チュップチョップス』という飴を生産しているが、たまに気まぐれで不動産業に手を出すことがある。製品の味は劣悪で、子供の親から『味覚障害が起きた』『ひとくち口に入れただけで吐いた』などの不満が寄せられているが、度胸試しと称して購入したり、物珍しさに購入されることがほとんどである。中には熱狂的なファンがいて、一日に15個もなめるという子供がいるそうだが真偽は確かではない。

都市
主要都市
・ネブラッスカ州
 この国の首都であり、本国の中で一番発展しているところ。アメスタ大陸横断鉄道が通っており、おもな輸出ルートにもなっている。しかしソード主義者による襲撃が後を絶たないのでPMCの『ブルーロック』社によって警備させている。他国でいう中世が長く続いていたため、いい街並みである。なんだかんだ言って意外といい街。
・ノウスダコスタ州
 我が国最大のビル街を持つ都市。遊園地やショッピングモール、ホテルなどが立ち並ぶ国内で最大の近代的な都市がたくさんあり、眠らない町とも呼ばれている。しかし近年温暖化によって砂漠化が進行しており、砂漠の中に消えた都市も増えてきている。
・ミネスタ州
 航空機の生産地と言われたらここ。湖に面しているのでそれなりに輸出業が発展している。しかし工業地帯の増加に伴い、空気がどんどん汚れており、現在問題になっている。
・ワオイイミング州
 ・・・特にない。あえて挙げるとすればソード主義派の重要な拠点となっているらしい。
・マグナア州
 ニカラリカの重要な拠点で、マグナアベースはわが国最大の基地となっている。戦車の数は凄まじく、離反されたら本国は降伏を迫られるくらいの規模である。そのため第三次産業が非常に栄えており、人口の7割が大三次産業に属している。
・サンセホ州
 観光名所がたくさんあり、世界名景10選に選ばれたほどである。そのため毎年1億人も観光客が訪れており、観光客が後を絶たない。
・オタコン州
 名前の通りヲタク率60%の超ヲタク都市である。そのため一般人からは絶対に行きたくない場所ナンバーワンに輝いている。しかしこの州にいるヲタクは何らかの職に就いており、単なるニートとは格が違うものとなっている。
歴史
 この国は長い間他国からの干渉がなかったために、20世紀後半まではほとんど中世のような衣服、建物がほとんどであった。なぜ他国からの干渉が少なかったかというと、おそらく南以外のすべての方位が巨大な山脈によって囲まれていたからだといわれているが、中には魔導師による魔法壁により守られていたという人も多い。開国前はソード主義勢力とカトラス主義勢力が争っていたが、激戦の末にカトラス主義派が勝利した。その際に魔導師の末裔が参戦していたという文献もある。今でも対立は続いており、散漫的ではあるがゲリラ化したソード主義者によってサッサー湖周辺や大陸横断鉄道が襲撃されることがある。

フリンダラⅡ装輪戦車

フリンダラⅡ装輪戦車



全長23ポッチ
全高7ブロック
全幅14ポッチ
最高時速65㌔
制作会社:タカヤマ重工業

フリンダラⅡ装輪戦車1

この車両はわが国の技術革命(LDD革命)の後に作り出されたフリンダラ装輪戦車をグレードアップしたものである。この車両にはC4Iシステムが搭載されており、これにより単車内あるいは近くの戦車同士が相互に情報を伝達し、敵や味方に関する情報の共有や指揮統制も可能になるという。フリンダラ装輪戦車で問題となっていたソフトキル型およびハードキル型アクティブ防御システムや装甲の薄さ、打撃力の低さを見直された設計となっている。
装甲は複合装甲となっていてファラーシャ重戦車までとはいかないがHEAT弾やAPFSDS弾に対しても高い防御力を誇っている。
 乗員数は3,4名となっており、自動装填装置を採用しているため砲手は一人となっている。他にはドライバーと通信手がおり通常は砲手が車長を兼任するようになっており、まれに砲手とは別に車長を載せている車両もある。しかしその場合は狭い車内に乗り込むことは不可能なので、砲塔ハッチから身を織り出した状態になってしまう。
このことで戦車教導隊の車長が誤って転落してしまい、全治7か月の重傷を負う事件が起きたので車長が乗っているところを見かけることがほとんどなくなってしまった。
 現在ではフリンダラ装輪戦車のすべて(海外派遣仕様車両を除く)がフリンダラⅡ装輪戦車へとグレードアップされた。
 フリンダラⅡ装輪戦車2

RH21‐パイソン

RH21‐パイソン



全長 46ポッチ
全高 14ブロック
全幅 20ポッチ(プロペラを含めず)
重量 7,4t
最大速度 水平:276km/h
       急降下:365km/h
       横・後進:81km/h
制作会社 ヤシマカンパニー

RH21パイソン9

 この機体は重装甲兵器の破壊を目的として開発されることとなった。そのため仮想敵としてファラーシャ重戦車を指定し、それを撃破できるような火力が要求された。しかしファラーシャの装甲は予想を上回る防御力を誇っており、全弾を命中させても増加装甲を破壊するぐらいにしかできなかった。そのことを踏まえ、火器の火力増強、搭載火器の増加などを施した結果、全弾命中させてやっと撃破する程度になった。しかし本当は第一段階の状態でもほとんどの国の重装甲兵器は撃破できたのだが、軍部のしつこさによって無駄な火力が搭載されたということは誰も知らない。
 ほとんどの人は気づかなかっただろうが実はこの機体はR02‐ライトニングの機体を流用しており、そのためコストが少し削減されている。そして例の如く強力な装甲を有しているが、ローター部分が破壊されれば撃破されてしまうのになぜあんなに重装甲なのだという疑問の声が毎日のように寄せられている。

RH21パイソン10

フリンダラ装輪戦車

フリンダラ装輪戦車



全長23ポッチ
全高7ブロック
全幅14ポッチ
最高時速70㌔
制作会社:タカヤマ重工業

bank4.png

 この車両はわが国の技術革命(LDD革命)の後に作り出された装輪戦車である。この車両にはC4Iシステムが搭載されており、これにより単車内あるいは近くの戦車同士が相互に情報を伝達し、敵や味方に関する情報の共有や指揮統制も可能になるという。高度なC4Iシステムを搭載したフリンダラ装輪戦車はわが陸軍兵内で、「走るコンピュータ」とまで言われている。 
 しかし打撃力が低いことやアクティブ防御システムがないこと、装甲が薄いことなどが挙げられ、しかも追い打ちをかけるような事件が起きた。フリンダラ装輪戦車3両が紛争地帯でゲリラの待ち伏せに会い、ことごとく撃破されてしまうという大惨事が起きたのだ。
 このことから現在ではフリンダラⅡ装輪戦車へとグレードアップが進んでいる。
 bank5.png
 
 装甲は複合装甲となっていてHEAT弾やAPFSDS弾に対しても高い防御力を誇っている。
 乗員数は3,4名となっており、自動装填装置を採用しているため砲手は一人となっている。他にはドライバーと通信手がおり通常は砲手が車長を兼任するようになっており、まれに砲手とは別に車長を載せている車両もある。

bank6.png   bank7.png

 さらに重武装型もありバリエーションは豊富である。
 この重武装型はゲリラ戦が展開される地域や紛争地帯での生存率を上げる目的で装甲を重層化しており、防御力は飛躍的に上がっている。
 また活動時間の延長もめざし、車内後部には大量のバッテリーが搭載されている。
 しかしこの重武装型にも難点があり上部の装甲も厚くしたのでハッチが干渉してしまい、脱出がしにくくなってしまったのである。 

61 5

61 6

車内の写真
61 4


さらに上記の重装甲型の発展形はサイドアーマーの増強、スモークディスチャージャーの設置、砲身の延長、タイヤの巨大化などが施されている。

RF02‐イフリート

RF02‐イフリート



全長 約37ポッチ
全幅 約32ポッチ
全高 約8ブロック
重量 14.2t
最高速度 マッハ1.8
設計元 BLC SYSYTEMS社,トッポッキード・マーチン社(詳しくはポポのLEGOブログ でご確認ください)
制作会社 ヤシマカンパニー
主兵装(固定武装) 27mmリボルバーカノン(弾数300発)×1

RF02イフリート 1

 この機体はR02‐ライトニングが低性能なため、とても戦闘機として多国と渡り合えるものではないといわれていたため、大統領の要請によりアストメリア共和国から輸入したものである。基本性能は変わらないが、コストダウンのために機首にあったカナードを取り外している。
 R02-ライトニングと比べると、性能はおよそ3倍近く、パイロットからも称賛の声が多く、配備されて間もなくのライトニングも使われなくなってきた。コストを比べても大差はないので、どの航空基地からも機種変更の発注が相次いでおり、ヤシマカンパニーの工場は作業員を臨時増員しフル稼働状態である。このことに対しヤシマカンパニー社長のテーラー・リチャード氏は「うれしいやら悲しいやら複雑な心境です」と語っていた。

空軍の増強

続きを読む

プロフィール

イリヤ@TAlSR

Author:イリヤ@TAlSR
トヴェルシア・アルヴェルシア社会主義共和国代表の主権者です。
映画などが好き。
古臭くてごちゃごちゃしてるブログですがどうぞよろしゅう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR