スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AH-4B ヤークトヴァール攻撃ヘリコプター

AH-4B ヤークトヴァール攻撃ヘリコプター


JW1.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

AH-4A ヤークトヴァール攻撃ヘリコプター

AH-4A ヤークトヴァール攻撃ヘリコプター


IMG_20150214_165003.jpg

続きを読む

RF02‐イフリート

RF02‐イフリート



全長 約37ポッチ
全幅 約32ポッチ
全高 約8ブロック
重量 14.2t
最高速度 マッハ1.8
設計元 BLC SYSYTEMS社,トッポッキード・マーチン社(詳しくはポポのLEGOブログ でご確認ください)
制作会社 ヤシマカンパニー
主兵装(固定武装) 27mmリボルバーカノン(弾数300発)×1

RF02イフリート 1

 この機体はR02‐ライトニングが低性能なため、とても戦闘機として多国と渡り合えるものではないといわれていたため、大統領の要請によりアストメリア共和国から輸入したものである。基本性能は変わらないが、コストダウンのために機首にあったカナードを取り外している。
 R02-ライトニングと比べると、性能はおよそ3倍近く、パイロットからも称賛の声が多く、配備されて間もなくのライトニングも使われなくなってきた。コストを比べても大差はないので、どの航空基地からも機種変更の発注が相次いでおり、ヤシマカンパニーの工場は作業員を臨時増員しフル稼働状態である。このことに対しヤシマカンパニー社長のテーラー・リチャード氏は「うれしいやら悲しいやら複雑な心境です」と語っていた。

R02 カール・パンデモニウム・アウレニウス・アントニヌス

R02カール・パンデモニウム・アウレニウス・アントニヌス



全長43ポッチ
全高7ブロック
全幅28ポッチ
重量16,1t
最高速度2208㌔
制作会社ヤシマカンパニー
主兵装R61 20㎜ガトリング砲
   RIM-9 クラムチャウダー 空対空ミサイル

R02ライトニング1

 この機体は現在開発中の輸送機の護衛と、航空勢力の増強のために作られた。当初はR01ライトニングという名前で開発がすすめられていたが、R01は実験途中に謎の空中分解をしたため、別の機体として開発された。軍部からは他国の第4世代並みの性能を要求していたが、そんな技術があるわけもなく、結局第2世代戦闘機と互角程度の能力になった。しかし、わが国初の戦闘機として徐々にではあるが、批判の目を受けなくなってきた。

 それなりの機体として国内では扱われていたが、海外からは「古そう」「表面が厚すぎる」「車輪が格納されていない」「太すぎる」などと言われており、ヤシマカンパニー代表のウィルソン・ダイムラーは苦しい顔をして「全くそのとうりだ」と言っていた。そのため現在はR22ライデンを開発中である。

R02ライトニング2
R02ライトニング3
プロフィール

イリヤ@TAlSR

Author:イリヤ@TAlSR
トヴェルシア・アルヴェルシア社会主義共和国代表の主権者です。
映画などが好き。
古臭くてごちゃごちゃしてるブログですがどうぞよろしゅう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。